閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 電話占い師も用いるタロット占いの歴史について
    2. 人気の電話占いサイトで無料占いを実体験しました。
    3. 電話占い師のアドバイスが実際に当たるのかどうかが大事
    4. 除霊も出来る電話占い師もいるようなのですが本当なのでしょうか?
    5. 会員登録の情報の管理がしっかりしている電話占いサイトを選ぶ
    6. どこの電話占いサイトを見ても基本的にはフリーダイヤルですよね
    7. 人物特定やギャンブル予測目的での電話占いサイトの利用は適切ではない
    8. 縁結びや縁切りに強い占いも電話占いで可能ですか?
    閉じる

    恋愛に悩む女性の為の占いサイト

    電話占い師も用いるタロット占いの歴史について

    タロット占いの歴史についてですが、タロット占いができたのは15世紀のイタリアだったと言われています。現在使われているタロットカードで一番古いものとされるのはミラノ公だったフランチェスコが画家に1枚1枚書かせたとされているもので、最初は占いとして使用されていたわけではなかったようで、ゲームをしていたという歴史があります。

    タロットカードを使ったカードゲームというのは、15世紀の終りから16世紀の初めにかけて、フランス、ドイツにはやり、人々はこのカードを使って楽しんだと言われています。

    今タロット占いといえばとても知名度も高い方法で多くの人に関心を持たれているのが特徴ですが、もともと関心がこれほど集まっていたわけではなくて、きかっけになったことがあります。

    それは1970年代から1980年代にかけてスピリチュアルブームというものがイギリスを中心にして起きていたのですが、これがきかっけだったようです。

    ニューエイジムーブメントという運動をきかっけにして、カウンセリングに使用したり、超自然的存在を探すことに使われたりしていまに至っています。

    タロットでは大アルカナ、小アルカナを組み合わせたカードから、占う相手を表現するカードを1枚選びます。このカードは重要なカードとなります。

    スグニフィケーターと呼ばれています。一般的には小アルカナのコートカードの中で占う人の性別、年齢を考えながらその人にあったカードを選ぶのが普通です。

    一枚カードを選んだらそれ以外のカードはかき混ぜて机の上において、カードの向きがバラバラになるようにしてシャッフルします。

    それが終わったら一番上のカードから順番にひいて、それをレイアウトしていきます。この配置に意味があって一番知られているのはケルティッククロスと言われている配置方法です。

    関連記事

    1. 電話占い師のアドバイスが実際に当たるのかどうかが大事

    2. 縁結びや縁切りに強い占いも電話占いで可能ですか?

    3. 除霊も出来る電話占い師もいるようなのですが本当なのでしょうか?

    4. 人物特定やギャンブル予測目的での電話占いサイトの利用は適切ではな…

    ピックアップ記事

    ページ上部へ戻る